ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーの水の種類について

水の種類もウォーターサーバーを選ぶ時のポイントになります

 

ウォーターサーバーが扱っている水は大きく分けると4種類になります。主に天然水、RO水(純粋に限りなく近い水)、RO水にミネラルを加えたデザインウォーター、水素水(水に水素を加えた水)です


天然水

特定の水源から採取された地下水を原料としています。地下で滞留している間に地層のミネラル分だけが溶け出している水のことです。化学処理は行われていませんが、自然の力だけでろ過・沈殿・加熱処理を施されているので安心して飲むことができます。

RO水

RO膜と呼ばれるミクロレベルのフィルターでろ過された水のことです。通常のろ過では除去しきれない微細な不純物も取り除いてくれます。純粋に限りなく近いためにピュアウォーターとも呼ばれています。

RO水+ミネラル

RO水に後から人工的にミネラル分を添加・調整した水のことでデザインウォーターとも呼ばれています。

水素水

通常の水に水素を加えた水のことです。イメージとしては食塩水をイメージして下さい。食塩は水に溶けませんよね。それと同じで水の中に水素が入っています。

 

硬水と軟水について

水には「硬水」と「軟水」があるのをごぞんでしょうか?

 

簡単に説明すれば「水」に溶けているミネラルが多いのが硬水です。
逆にミネラルが少ないのが軟水です。

 

一般にヨーロッパの水はミネラルが多い水で硬水です。

 

日本の水ははミネラルが少ない軟水なのです。

 

 

硬水には注意を

デトックス効果や便秘解消・ダイエットなどで人気があるのが硬水です。

 

しかし飲み過ぎると腸痛などを起こしたりする人もいるなど注意が必要です。

 

また硬水に慣れていない日本人には最初は飲みにくく感じる人も少なくないようです。

 

 

 

硬水はダイエット効果で人気がありますが、飲み過ぎには注意しましょう


日本人は軟水を

軟水はミネラルが少ないですが、まろやかで口当たりも良いので日本人向けの水です。

 

天然水やデザインウォーターでもミネラルが少ないのであれば
赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

 

日本で取り扱っているウォーターサーバーの水は
ほとんどが軟水なので
赤ちゃんや妊婦さんにも気を使うことなく選ぶことができます!

 

 

 

軟水のミネラルが少なければ赤ちゃんでも妊婦さんでも使うことができますよ