ウォーターサーバーのメンテナンス

メンテナンスはメーカーごとに違いが

メンテナンスにはメーカーが行う内部メンテナンスと自分で行う外部メンテナンスの2種類あります。

 

内部メンテナンス

パーツ交換及び消耗品の交換なのでメーカーが行います。

外部メンテナンス

水の差込口、冷温水のレバーの洗浄は自分で行います。

内部メンテナンス

内部メンテナンスに関しては各メーカーごとに、頻度、料金、メンテナンス内容などに違いがありますので、契約する前に必ずチェックすることをおすすめします。

 

1年おきにパーツや消耗品の交換、洗浄殺菌処理を行ってくれるところもあれば、
2年に1度サーバー自体を交換してくれところもあります。

 

料金も無料なところもあれば有料なところもあるので、
契約する前に自前に確認しておきましょう。

 

各メーカーのホームページのFAQなどや
グーグルで検索してみると
あなたと同じ思いをしている人が見つかるかもしれませんし。

 

また、最近のサーバーにはクリーン機能がついていて
メンテナンスフリーな機種もあります。

 

 

 

最近のウォーターサーバーはクリーン機能が付いている機種も多く内部メンテナンスフリーな機種もあるのでよく確認しましょう


外部メンテナンス

外部メンテナンスは、ウォーターサーバーの機種ごとに異なるので、
サーバーの取扱説明書は無くさないように注意しましょう。

 

案外水回りはバイ菌が繁殖しやすいので定期的に殺菌洗浄を心がけたほうが良いです。

 

どのウォーターサーバーでも共通するような事項をまとめてみました

ボトル周り

水の差込口はどうしても外気に触れる部分なので雑菌が繁殖しやすいです。
ボトル交換のタイミングに合わせて、水の差込口もきれいに拭いてあげましょう。
清潔なふきんやキッチンペーパーで拭きとっただけでも良いですが
仕上げに除菌用のアルコールスプレーなどで軽く拭き取ると尚良いでしょう

水が出る部分

蛇口部分は水が出る部分なので掃除したほうが良いです。
ふきんやキッチンペーパーで湿らせて汚れを落としましょう。
仕上げに除菌用アルコールスプレーを吹きかければ外側はOKです。
蛇口の内側は綿棒を使うと良いでしょう

受け皿

受け皿には意外と水とホコリがたまりやすい、放っておくと不衛生な状態になりやすいです
簡単に取り外しができるので、忘れずに洗うようにしましょう。
スポンジと台所用中性洗剤で洗えます。

 

 

 

最近はボトルタイプでなくビニールに入ったボックスタイプのウォターサーバーも人気がありますよ