ウォーターサーバーの機能について

ウォーターサーバーの機能について

ウォーターサーバーの機能は各社によって違いはありますが、大きく見ると機能的にはそれほどの違いはありません。

 

ウォーターサーバーは基本的に3つの機能をがあります。それは、温水・冷水機能チャイルドロック無菌エアシステムです。

 

3つの基本性能

 

温水・冷水機能

これは、どのウォーターサーバーでも標準で搭載されている基本性能です。
温度設定はウォーターサーバーによって若干の違いはありますが、
温水では約80〜90度,冷水は約5度位に設定されています。
冷水も冷たすぎず、おいしく飲めますし
温水も、お茶やコーヒー、カップ麺を作る時も便利です

チャイルドロック

小さな子が、誰も見ていない時に事故に合わないように
温水にはチャイルドロックが付いているウォーターサーバーがほとんどです。
中には冷水にもチャイルドロックがついレイル機種もあります。

無菌エアシステム

外部からの空気の侵入を防ぎ水の鮮度を保つ水のパックシステムです。
主にワンウェイタイプのボトルに採用されています。

以上が標準的なウォーターサーバーの機能になります。

省エネモード機能なら電気代がお得に

ウォーターサーバーの電気代は平均して1000円〜1500円と言われています。

 

ちょっと高いなと思われる方もいるかもしれませんが、
温水が使えることで、
お湯を沸かしたりする光熱費が節約できることを考えれば
ウォーターサーバーが家計に負担がかかるとはいえません

 

とはいえ、電気代が1000円〜1500円がかかるとは馬鹿になりませんよね

 

最近では省エネタイプのウォーターサーバーも増えてきています。

 

優秀なウォーターサーバーなら
通常のサーバーの3分の1くらいまで電気代を抑えることが可能です。

 

デザインや機能にこだわりがなければ、
まず省エネタイプかどうか判断の基準にすると良いでしょう

 

 

 

分かったわ!省エネモードなら電気代が3分に1くらいになるのね。選ぶときにはまず第一にチェックしてみるわ